【2854日目】書評『男が働かない、いいじゃないか!』(田中俊之・講談社+α新書)




今を時めく男性学の旗手・田中俊之さんの新刊。

市場がそれなりに確立されている女性向けの書籍とは異なり、男性の生き方をテーマに一般向けの書籍を出し続けるのは極めて難易度が高いと思うのですが、それを実現できるただ一人の研究者が田中さんだと思いますので、ぜひ頑張って頂きたいです!

「若者男子を全面擁護!」という帯の文句にある通り、20代の若年会社員に向けたアドバイスが満載されている一冊。

『男が働かない、いいじゃないか!』というタイトルから想像すると、就職しなくても食っていける裏技や、無職でも逞しく生きている人のケーススタディ、不労所得を得ることのできる秘密のノウハウが書かれているマニュアル本かと思う人もおられるかもしれませんが、さにあらず。

社会に出たばかりの「会社員」(社会人ではなく)の男性に向けて、男性学の基本的な知見から導き出されるアドバイスを、時にユーモアを交えながら優しく伝える、田中さんのお人柄が伝わってくるようなあったかい一冊です。

ただ、それゆえに一見すると「抽象的過ぎて、役に立たない」ように思えるかもしれません。

しかし、学校を出た後、40年間フルタイムで働き続ける以外の選択肢が無い大多数の男性にとって、「働くしかない現実」と「働いてさえすればいいという意識」、この二つの巨大な壁を壊すのは容易ではない。

ビジネス書や自己啓発本のコーナーに行けば、「会社を辞めて年収○○万円!」「起業して1年で●億円稼ぐ方法」的な、「働くしかない現実」をさも簡単に突破できるような本が並んでいますが、大多数の若年男子にとっては、今日も明日も、1年後も10年後も、良くも悪くも、給与所得者として会社で働き続けるという単一の選択肢しかないのが現実でしょう。

そうした現実に直面している男子に対して、やれノマドだの積極的ホームレスだのと就職しないで生きていける方法を煽ったり、起業や独立という夢を追いかけることを無責任に煽ったりするのは、逆に現実を見ていない人なのではないでしょうか。

その意味で、揺るぎない「働くしかない現実」の中で、男子が陥りがちな「働いてさえすればいい意識」を少しでも相対化できるような視点を与えてくれる本書こそが、実は一番「役に立つ」一冊なのではないでしょうか。

タイトルと帯にピンときた方は、ぜひ書店でチェックされてみてください。

PS:地元で暴走族に囲まれるシーンには、大笑いさせて頂きました!

*********************************
一般社団法人ホワイトハンズ 
 
代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)
 
私たちは、「新しい性の公共」をつくります。
 
HP:http://www.whitehands.jp/
Twitter:http://www.twitter.com/whitehands_jp
Facebook:http://www.facebook.com/whitehands.jp
 
新刊『セックスと障害者』(イースト新書)、4月10日発売!

『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書)、1月6日発売!

★ホワイトハンズ:2016年のイベント予定
 
■1月24日(日) 講演会「障害のある人の生と性のバリアフリー」@町田市民フォーラム

■3月13日(日) セックスワーク・サミット2016春@渋谷

■3月27日(日) ららあーと@東京

■4月24日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@福岡

■4月24日(日) 福岡で解く!ニッポンの「夫婦の性」のジレンマ2016

■5月29日(日) 風俗福祉基礎研修2016@渋谷

■6月19日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@渋谷

■7月17日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@京都

■7月18日(月・祝) セックスワーク・サミット2016夏@渋谷

■8月28日(日) 「障がい者の性」基礎研修2016@名古屋

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM