【1308日目】性護基礎研修、はじめました


どうして、日本発で、こういう起業家+企業が出てこないんでしょうかねぇ〜。プラットフォーム化を目指す思考と志向には共感できます。


法人化記念の新規事業・第1弾・・・というわけではないのですが、「性護基礎研修」という新プログラムを開始したので、告知いたします。

http://www.whitehands.jp/sbp.html


ちなみに、ホームページのトップページも、気持ちニューアルしてます。

http://www.whitehands.jp/menu.html


性護基礎研修、簡単に言えば、介護職が性のケアを学べる、日本初の研修プログラムです。

今週号の週刊朝日でも記事にして頂いた通り、現行の介護福祉職の育成カリキュラムの中には、「性」に関する項目は皆無です。

今の介護福祉業界のセクシュアル・リテラシー(性的民度)は、残念ながら、ゼロを通り越してマイナス以下であり、月経のケアすらも、まともに書かれていない状態です。

その結果、性的な事柄に対する知識や技術、論理的思考能力及び問題解決能力が皆無である介護福祉職が大量生産され、障害者や要介護者の「性のQOL」がグチャグチャにされる、という流れが、延々と続いています。


こういう現状は、いくら外野からブーブー文句を言っても、まず変わりません。

そこで、私たちホワイトハンズが、介護福祉職が「性のケア」を学べるインフラを作り、それを普及させることによって、「性のケア」に関する知識や技術を、これからの新世代の介護福祉職の「標準装備」にしましょう、というのが、性護基礎研修の趣旨です。


まぁ、固い話はさておきまして、「射精介助を実際に体験してみたい」というリクエストは、以前より多くの介護福祉職の方々から頂いていたので、そういった方々のニーズにも、これからは応えられると思います。

受講受付は11月14日(月)からになりますので、ご興味を持たれた方は、お気軽にお申し込みください。

http://www.whitehands.jp/sbp.html


*****************************************

ホワイトハンズ 代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

HP:http://www.whitehands.jp/

私たちは、あなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!

■「性の介護」&「障害者の性」ポータルサイト:「ホワイトハンズ大学」
 
http://www.privatecare.jp

■「障害者の性」白書2011
 
http://www.privatecare.jp/hakusyo.html

■介護福祉職のための「性護基礎研修」
 http://www.whitehands.jp/sbp.html

■「性の介護」検定2011
 
http://www.privatecare.jp/kentei.html

■「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」
 
http://www.whitehands.jp/swp.html 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM