【1158日目】読売新聞掲載&「射精の壁」突破!

評価:
ジョン・コルトレーン,マッコイ・タイナー,ジミー・ギャリソン,エルヴィン・ジョーンズ
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 1,796
(2003-04-23)


【今日の一枚】:監事様のお勧めで借りてきました。ジャズ初心者なのですが、頑張って聴き込みます!

昨日5月30日(月)の読売新聞新潟版(31面)にて、「障害者の性」白書を紹介して頂きました。


発行日に入手できなかったので(汗)、今日、ほんぽーとに行ってチェックして参りました。


記事には、私・坂爪が、「障害者の性」白書を手前に、ニコニコしている写真が映っております。

写真写りの悪いことで評判な私ですが、今回の記事は「爽やか&にこやかな代表」という感じで、GOODですね〜。髪形も奇跡的に決まっているし。

いや、本物ももちろん、爽やか&にこやかな人間でございますよ(笑)。


今回の読売新聞の記事で特筆すべきは、「射精」という言葉が、記事内で堂々と使われていることです。

「当たり前の話じゃないか」と思われるかもしれませんが、この些細なポイントが、ホワイトハンズ・ワールドでは、超重要です!


大手新聞、これまで、「射精」という言葉はNGワードで、文脈を問わず、基本的に記事内では使えないケースが多かったんですよ。

小学校の教科書にも載っている当たり前の単語なのに、文脈を問わずNGにするのは、いかがなものか、と。

取材してくださった記者の方のお力もあって、今回の記事では、無事「射精」という言葉を記事内で掲載することができました。記者の方、本当にありがとうございました!


こういう細かい点を、きっちり論理的に解決していくのが「障害者の性」問題にかかわるNPOの役割だと思うので、今後も、ソーシャル・タームとしての射精介助という言葉を、もっと普及させていきたいですね。

というわけで、新潟県民の方、(昨日の発行ではありますが)読売新聞、ぜひチェックしてみてください。


*****************************************
NPOホワイトハンズ
HP:
http://www.whitehands.jp/
携帯HP:http://www.whitehands.jp/imode/index.html

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、あなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!

■「性の介護」&「障害者の性」ポータルサイト:「ホワイトハンズ大学」
 
http://www.privatecare.jp

■「障害者の性」白書2011

 
http://www.privatecare.jp/hakusyo.html

■「性の介護」検定2010
 
http://www.privatecare.jp/kentei.html

■「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」
 
http://www.whitehands.jp/swp.html 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM