【1106日目】病院内での射精介助

評価:
河森正治,河森正治,藤川太,サテライト,大野木寛
メディアファクトリー
¥ 1,990
(2005-07-22)


【今日の一枚】:今月はこれを全話観ます!

本日は楽しい楽しい給料日です。全国のスタッフの方々、今月も宜しくお願いいたします!


最近、あるエリアから相談を受けまして、「病院内での射精介助の実施」を考えています。

院内でのケアの妨げになるものとしては、やはり、病院で働く人たちの「意識」でしょうね。

射精介助を、食事介助やトイレ介助、摘便等の「日常的なケア」として認識できないと、過剰反応や拒否反応が出てしまうかと。


「もし、病院内で射精介助をしていることが噂で広まって、多くの入院患者が射精介助を受けたがるようになってしまったら、どうするんだ?」という反論はよく出ます。

一見、「う〜ん、そうだよなぁ」と思ってしまいがちな意見ですが、よくよく考えれば、これは非常に妙な意見ですよね。

「射精介助」を「トイレ介助」に変えてみれば、一目瞭然。

「もし、病院内でトイレ介助をしていることが噂で広まって、多くの入院患者がトイレ介助を受けたがるようになってしまったら、どうするんだ?」

そうなったら、全員に介助すればいいじゃないですか(笑)。別に、当たり前の日常的な介助なんだし、と。

要するに、「射精介助」が、トイレ介助や摘便とは異なる、「なにかおどろおどろしいもの」「タブーなもの」「危険なもの」という意識があるのでしょうね。実体は、摘便に比べれば、技術的にも衛生的にも、数倍簡単&安全なケアなのですが。

性は、決してピストルや麻薬のような危険物ではない。「単なる生理現象」が、拳銃や麻薬と同列に扱われていることのおかしさ&滑稽さを、ガンガン啓蒙していきたいですね。


さて、その啓蒙活動の切り札=「障害者の性」白書、週明けにいよいよ納品なので、今から販売の準備に入ります!


*******************************************
NPOホワイトハンズ
HP:
http://www.whitehands.jp/
携帯HP:http://www.whitehands.jp/imode/index.html

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、あなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!

お問い合わせ&メッセージは、事務局(
m@whitehands.jp)まで、お気軽にどうぞ。

■「性の介護」&「障害者の性」ポータルサイト:「ホワイトハンズ大学」
 
http://www.privatecare.jp

■「性の介護」検定2010
 
http://www.privatecare.jp/kentei.html

■「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」
 
http://www.whitehands.jp/swp.html 


コメント
「性ケア」は原発より安全で安心できるものだよ。
病院でのニーズがどれだけ有るかやってみれば良いんですよ。
ある意味で、「性」も「原発」も似たようなものなのかもしれませんね。無ければ生きていけないが、議論することはタブー、みたいな。
  • ホワイトハンズ代表@愛妻家
  • 2011/04/09 11:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM