【1053日目】行政の世界と美術の世界


【今日の一冊】:県立図書館には子供向けの棚にあってなかなか発見できなかったのですが、ようやくレンタル。う〜ん、名著です!


本日は助成金の申請&長岡造形大学大学院修了研究展のために、久しぶりに古町へ。

助成金、審査を通るのは難しそうですが、ひとまず無事に受理して頂きました。助成金に関しては、助成金を出す側の理念や目的、事情を考慮して、先方の意思に沿うような形で申請することが肝要かと。

助成金を出す側(=行政や財団)の価値観と、助成金を申請する側(=起業家やNPO)の価値観は、多くの場合、「水と油」の場合が多いですよね。公務員体質の人と、起業家体質の人では、まず話が折り合わないでしょうし。

行政側は「こんな胡散臭い事業には、助成できないよ。ったく、これだから民間はダメなんだよなぁ・・・」と愚痴り、起業家側は「なぜ、行政はこの画期的な事業の必要性を理解しないのだ?ったく、これだから官僚主義はダメなんだよなぁ・・・」と愚痴る。

ですが、そこでフォースの暗黒面(笑)に没入する前に、双方の立場や気持ち、価値観を理解しようと努めるところに、ジェダイマスターならぬ「助成金マスター」への道があるのでは?と思う今日この頃です。引き続き、助成金申請、頑張ります!

その後、「来味」でランチ。600円は安い!

アートスクールの講師として協力してくださった長岡造形大学院の方にお会いするために、蔵織で開催されている修了研究展へ。





非常にオーラのある絵で、グッときました!美術的なボギャブラリーが貧困ですみません(汗)

行政の人と話すためには行政の人の価値観や立場を理解する必要があることと同様、アート関係者と話すためには、しっかりアート関連の知識や情報を勉強しないとだめだなぁ、と思う今日この頃です。

帰宅後、先日取材依頼をした方からまさかの直電話をいただきまして、ビックリしました!光栄です!!ぜひ、直接お会いして、詳しいお話を伺えれば、と思います。


*********************************************
NPOホワイトハンズ
HP:http://www.whitehands.jp/
携帯HP:http://www.whitehands.jp/imode/index.html

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、あなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!

お問い合わせ&メッセージは、事務局(m@whitehands.jp)まで、お気軽にどうぞ。

■「性の介護」&「障害者の性」ポータルサイト:「ホワイトハンズ大学」
 http://www.privatecare.jp

■「性の介護」検定2010
 http://www.privatecare.jp/kentei.html

■「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」
 http://www.whitehands.jp/swp.html 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM