【884日目】週刊ポスト「セックスボランティア」第3回:『障害者向け風俗嬢の心と体』レビュー2

評価:
タラ・ハント 津田 大介(解説)
文藝春秋
¥ 1,650
(2010-03-11)


【今日の一冊】:新技術やサービスが出てきても、やるべきことは昔とそれほど変わらないのでは、と思える一冊。ギフト経済下で経済的利益を得るためには長い時間がかかりそうですね。

本日は、午前はメール対応事務処理&最後のポスティング営業@東区、午後は障害学会の準備+事務処理の続き。

以前も書いたのですが、携帯メールからのお問い合わせ、高確率で送受信エラーになりますので、必ず「受信設定を変更してから」お問い合わせください!昨日今日だけで、もう3件もエラーが出ております。メールの返信が無い、という場合は、直接事務局までお電話(025-230-3703)ください。

返信ができない場合、このブログ上で回答いたしますね。

まず、「埼玉県で拠点を作ってほしい」とのお問い合わせを頂きました。リクエスト、ありがとうございます。なぜだか埼玉からは創業以来1件も求人応募が来ない(涙)状況なので、時間はかかると思いますが、拠点ができ次第、またブログやホームページ上で告知いたしますので、宜しくお願いいたします。

また、脊髄損傷の方からのお問い合わせも多く頂いているのですが、脊髄損傷・頸椎損傷は、脳性まひや神経難病と異なり、医学的な理由で射精が困難な障害であるため、基本的にホワイトハンズのサービス提供対象外です。何卒ご了承ください。


それでは、昨日の週刊ポストの記事レビューの続きを書きます。


昨日は「社会性の欠如」という視点を述べたのですが、それでは、なぜ性の分野に限って、「社会性」が全く考慮されていない状態が野放しになっているのか、というテーマで議論を進めます。

結論から言えば、「性の神格化」が背景にある、と考えます。

すなわち、「性」は神聖不可侵なもの、商品化=切り売りできない全人格的なもの、人生の最大幸福を得るための最高の手段、という「思い込み」です。

障害者デリヘルの設立動機にもあった「障害者が一生童貞のままで死んで行くのは不憫だ」という考え、かおるさん(仮名)の「抜くことや性の介助ではなく、それを超えた人間的なつながり」という発言もの背景にも、「性の神格化」が垣間見えるかと。

「性は神聖なものだから」、それにアクセスできない不憫な障害者を救わなければならない。

「性は神聖なものだから」、単なる介助や抜きだけではない、「もっと深い人間と人間とのつながり」が、サービスにおいては必要なのだ。


もちろん、こうした発想は個人の価値観の問題なので、善悪はありません。


ただ、「神格化」してしまうと、その時点で思考が止まってしまい、それ以上の客観的な議論ができなくなってしまうんですよね。

性は神聖なものだから、極めて個人的、プライベートな領域のものだから、公の場で議論の対象に上げるべきではない。

神の存在についてあれこれ論じることが神への冒涜になることと同様、性について客観的・論理的に論じること自体が、性に対する冒涜だ、と。

切り売りできない全人格的なものである性を、介護サービスとして商品化したりするのはけしからん。それは性に対する冒涜だ、と。


今回の特集でも、ホワイトハンズはなぜだか「スタッフが、無言で、機械的に射精介助をするだけの血も涙もないサービス」のようにとらえられていますよね(笑)。

無論、実態は、利用者の方とAKB48の話をしながら、和気あいあいとした雰囲気でケアを行う、みたいなケースが大半です。

通常の訪問介護でも、無言で機械的に食事介助や入浴介助をするヘルパーさんは、基本的にいない(いたとしてもすぐクビになる)でしょう。


「性の神格化」が蔓延している世の中において、脱神格化をはかる=性について冷静かつ客観的に議論しようとすると、「性について何も分かっていない、血も涙もない冷血野郎」と誤解されてしまうんですよ。

そのため、社会性のある事業や制度を構築するための議論が、一向に進まない、と。


まとめますと、今回の記事は、「性の神格化」(性風俗)VS「性の脱神格化」(ホワイトハンズ)、という構図が読み取れると、非常に面白く読めると思います。

どちらの価値観が正しい、ということは全く無いのですが、少なくとも、「性の脱神格化」の方向に行かないと、社会性のある手段で「障害者の性」問題を解決することは、未来永劫不可能、と考えます。


====================

【NPOホワイトハンズ】(http://www.whitehands.jp/
携帯サイト:(http://www.whitehands.jp/imode/index.html

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)


私たちは、あなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!


お問い合わせ&メッセージは、こちら(m@whitehands.jp)までお気軽にどうぞ。

ブログの記事へのコメントは、いつでも&どこでも&どなたでも大歓迎です。
お気軽にコメントを頂けると幸いです。


■脳性まひの利用者の方、各地で随時募集中です!お気軽にお声掛けください。

 利用受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/service.html


■【寄付金募集!】2010年の目標金額:100万円
脳性まひの方の「性に関する尊厳と自立」を守るために、あなたにもできることがあります!

 寄付受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/support.html


■性の介護&障害者の性ポータルサイト
 「ホワイトハンズ大学」(http://www.privatecare.jp


■ホワイトハンズで働きたい!という方はこちら
 
 求人受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/recrute.html


■ホワイトハンズ@Mixiコミュです。ぜひご参加ください。
 ⇒(http://mixi.jp/view_community.pl?id=3313135


■メディアからの取材依頼、大歓迎。報道資料はこちら
 ⇒(http://www.whitehands.jp/press.html


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM