【853日目】セックスワーカーの権利擁護

評価:
林原めぐみ,MEGUMI,金子詔一,鷺巣詩郎
キングレコード
¥ 1,116
(2010-07-21)


【今日の一曲】:個人的には前作の方が好きですね。エヴァの劇場版DVD、早く観ないと・・・。

本日はオフだったのですが、スタッフさんがアートスクール&要介護者向けサービスの告知で、地元のケアマネージャーの方を訪問してくださいました。大感謝です!私も後日、ご挨拶に伺いますね。

ホワイトハンズ、多種多様な業種・業界の方からメールやメッセージを頂くのですが、なぜだか「ケアマネージャー」という名称の職種の方からお問い合わせを頂くことは、ほとんど無い(笑)です。

本来ならば、一番多くの問い合わせが来てほしい職種なんですけどね〜〜。

所属事業所のサービスのみを組み合わせてケアプランを作るだけのケアマネは、業界内でも収入面でも、早晩行き詰まって淘汰されると思いますので、ぜひ、一緒に魅力的な保険外サービスを開発&開拓しましょう!と扇動&勧誘してみたり(笑)。


このブログでは、時事ネタ&事件ネタ関連記事はまず書かない(というか、私自身その手のネタに全く興味が無い)のですが、大阪の風俗店マンション寮で起きた、女性従業員の育児放棄&遺体遺棄事件の一連の報道を見ると、セックスワーカーの権利擁護について、改めて考えさせられますね。大阪の勉強会の後、色々セックスワーカーの権利擁護関連の企画を煮詰めていたので。

ヘルス業界が、「経済的・精神的に追い詰められたシングルマザーを、マンション寮に囲い込んで、身体を売らせることによって成り立っている業界」のように報道されてしまうと、(部分的には事実かもしれませんが)関係者はたまったもんじゃないでしょう。利用客側としても、自分が殺人の片棒を担がされた感じがして、後味は最悪でしょうしね。

「離婚⇒経済的に困窮⇒飲食店・水商売に転職⇒給与不足⇒性風俗に転職⇒身体か精神を病んでリタイア&入院もしくは自殺・他殺」という女性の貧困スパイラルを断ち切るためには、「セックスワークに、体や精神を病むことなく、健全かつ継続的に従事できる仕組み」もしくは「身体や精神を病んだ人は、はじめからセックスワークに従事できないような仕組み」が必要になると思います。

統計的なデータが無いのでなんともいえないのですが、「性風俗に勤務することでお金を稼ぐことができて、貧困から脱出できました!私を助けてくれた性風俗業界に、お礼を言いたいです」という、「経済的な問題を、性風俗店での勤務によって無事に解決した人」は、あまり多くない、というかほとんどいないのでは、と思います。

多くの場合、経済的な問題は、家族の問題や病気の問題、対人コミュニケーションをはじめとした精神面での問題とリンクして複合的に生じるので、仮に性風俗での勤務で短期的にお金を稼ぐことができたとしても、他の要因によって結局ゼロに戻ってしまったり、あまり稼げないまま、身体や精神を壊してリタイアしてしまったり、という事例が多いはず。

であるのならば、はじめから「身体や精神を病んだ人は、はじめからセックスワークに従事できない仕組み」を作った方が、誰にとっても良いことのような気がします。


離婚して経済的に困窮した場合でも、「性風俗で生活費を稼ごう」という選択肢ではなく、まずは各種福祉制度のサポートを利用して、これまでの家族関係や人間関係、生活習慣、労働環境、身体と心の健康バランスをきちんと観直して再出発を図る方が、(理想論的ではありますが)はるかに生産的でしょう。

性風俗産業側としても、下手に身体と精神を病んだ人を採用してしまって、内部で今回のような事件を起こされた日には、業界全体の持続可能性に赤信号が点滅してしまうでしょうし。


セックスワーカーの権利擁護に関しても、「経済的に困窮しているシングルマザーの女性が経済的に自立できる手段として、セックス・ワークを合法化しよう」という視点があり、もちろんそれにも一理はあると思うのですが、それをやってしまうと、セックス・ワーク全体のサービス業としての質が、著しく低下してしまうのでは、と。

セックスワークが他のサービス業と同じものであるとするならば、あくまで視点は「サービスを利用する側がどう思うか」になければだめですからね。経済的な理由で、イヤイヤ仕事をしている人からサービスを受けたい、というお客様はいないですし。


ともあれ、セックスワーカーの権利擁護企画、オフの空き時間で色々思案してみます。


====================

【NPOホワイトハンズ】(http://www.whitehands.jp/
携帯サイト:(http://www.whitehands.jp/imode/index.html

代表 坂爪真吾(さかつめ・しんご)


私たちは、脳性まひのあなたの「性に関する尊厳と自立」を守ります!


お問い合わせ&メッセージは、こちら(m@whitehands.jp)までお気軽にどうぞ。

ブログの記事へのコメントは、いつでも&どこでも&どなたでも大歓迎です。
お気軽にコメントを頂けると幸いです。


■バリアフリーの裸婦デッサン教室「ホワイトハンズ・アートスクール」

 2010年9月12日(日)、新潟市にて開催決定!参加者募集中です。

 ⇒パソコン(http://www.whitehands.jp/menu4.html

 ⇒携帯(http://www.whitehands.jp/imode/menu4.html


■脳性まひの利用者の方、各地で随時募集中です!お気軽にお声掛けください。

 利用受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/service.html


■【寄付金募集!】2010年の目標金額:100万円
脳性まひの方の「性に関する尊厳と自立」を守るために、あなたにもできることがあります!

 寄付受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/support.html


■性の介護&障害者の性ポータルサイト
 「ホワイトハンズ大学」(http://www.privatecare.jp


■ホワイトハンズで働きたい!という方はこちら
 
 求人受付窓口⇒(http://www.whitehands.jp/recrute.html


■ホワイトハンズ@Mixiコミュです。ぜひご参加ください。
 ⇒(http://mixi.jp/view_community.pl?id=3313135


■メディアからの取材依頼、大歓迎。報道資料はこちら
 ⇒(http://www.whitehands.jp/press.html


コメント
セックスワーカーの事、私なりにブログに書いてみました。

権利擁護、しっかり出来る世の中にしたいですね。

そして、それらの人達がホワイトハンズに協力してくれたら。

介護としての健全な性産業ができると思いますよ。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM