【1828日目】明日から新年度&ホワイトハンズ5周年


最新刊読了!中華最強将軍、あっさり負けちゃいましたね〜。

本日は、息子&妻と県立自然科学館に遊びに行くも、長蛇の列で、挫折。そのままドライブになりました。

午後、東北エリアでケアが1件。今年度最後のケア、ありがとうございました!来年度も宜しくお願いいたします!!

また、新しい「性の公共」円卓会議のレポートも、今年度末の締め切りギリギリで(笑)、提出して頂き、感謝いたします!

来年から新年度、ホワイトハンズも、いつのまにか5周年ですよ〜。5年間、早かったような、長かったような。

5年間で達成できたこと、できなかったことはあれこれありますが、ホワイトハンズが活動を始めたことで、「障害者の性」問題やセックスワークの問題、そして新しい「性の公共」の問題が、少しでも良い方向に進んだよね、と一人でも多くの皆様から言って頂けるよう、来年度も、今まで通り粛々と、かつ「尋常ならざる情熱」を交えつつ、頑張りたいと思います!


*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」         

【1827日目】美談とタブーの狭間


30年近く前の書籍。県立図書館の公開書庫にあります。参考文献として久しぶりにレンタルしました。

本日は、午前は仕事で、午後育児。息子と県立図書館までドライブに行きました。職員の女性の方々が、息子を可愛がってくれて&あやしてくれて、助かりました(笑)。

昨日、NHKバリバラ「障害者のセックス」特集の再放送がありましたが、この回、昨年のギャラクシー賞を取っていたんですね。凄いです。

ツイッターのタイムラインでも数多くつぶやかれていましたが、「障害者の性」問題、「障害者が、困難を克服して、●●にチャレンジ!」的な、24時間テレビ的な障害者番組(一度も見たことは無いですが笑)の対極に位置するのでしょう。

ただ、一歩引いた目で見れば、「美談」としての障害者番組も、「タブー」としての障害者番組も、どちらも、「健常者向けのネタ」として消費されるだけの存在であることには、かわりないのかもしれません。

おそらく、24時間テレビ的な「美談」番組も、今回のバリバラ的な「タブー」番組も、これまでも、そしてこれからも、定期的に放送されて、瞬間的に部外者が盛り上がるだけの「ネタ」として消費されていくのでしょう。

ただ、それはあくまで、メディアの中だけの話であって、現実とは、基本的に無関係なんですよね。「美談」番組が増えようが、「タブー」番組が増えようが、「障害者の性」を取り巻く現実には、特に、プラスの変化も、マイナスの変化も無いでしょうし。

そういう意味で、NPOとしては、メディアの盛況や沈静とは関係なく、淡々と&粛々と、日々の活動を続けていくことが大切なのかな、と思います。


*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」        

【1826日】6月2日(日)、京都でトークセッションを行います!


妊娠中でゲームができなくなった?姉上様からレンタル。ありがたや〜(笑)。隙間時間でやり込みたいと思います。今度は裏ボスまで倒します!


6月2日(日)、京都でトークセッションを行うことが決定しましたので、告知します!


表題通り、「尋常ならざる」トークセッションになる予定です!(笑)

「障害者の性」問題のケーススタディを使って、参加者の皆様と、ディープなセクシュアル・トークをしたいと考えております。

定員に限りがございますので、お申し込みはお早めにどうぞ。

関西の皆様、6月2日(日)は、初夏の京都で、ホワイトハンズと握手!!


*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1825日目】「障害者の性」問題の解決方法


ようやく図書館で発見。これから読みます。

本日は、午前中は、来月14日(日)の「ホワイトハンズ大学@福岡」のPR活動。

ホワイトハンズ大学、今年も全国を巡るわけですが、開催予定地でのPR活動も兼ねて、その地域の介護福祉関係者&関係施設に、「性護ハンドブック」をガンガン配布する予定です。

ハンドブック、販売用というよりも、どちらかと言えば、「障害者の性」「性の介護」問題の啓蒙&広報ツールのために作成したので。

「障害者の性」問題、どうしても、センシティヴな問題=解決の手がかりすらつかみどころのない問題、だと考えられがちですが、それは、単純に、(エラそうな発言で恐縮ですが)セクシュアル・リテラシーの欠如、論理的思考の放棄でしかないかと。

ぶっちゃけ、センシティヴではない社会問題なんて、この世に存在しない=全ての社会問題はセンシティヴなわけなので、「この問題はセンシティヴだから、難しいよね」といった発言は、市井の一般人であればともかく、その問題に取り組んでいるNPO関係者が口にしてはいけない言葉だと思います。

シンプルに考えれば、「障害者の性」問題、

「性護ハンドブック」を、全国の介護福祉の教育機関や現場に配布して、学生や職員、家族やボランティアに、「障害者の性」問題に対する正しい知識と理解を持ってもらう

▲錙璽ショップ「ホワイトハンズ大学」で、事例対応能力を身につけてもらう

さらに学びたい人は、「性護検定」で、より深い知識と理論を身につけてもらい、各人の持ち場や職場で実践する

この3ステップをきっちり回していくだけで、8割方は解決できるでしょう。

残りの2割は、射精介助のような、利用対象者を絞り込んだ個別具体的なケアで対応したり、障害別・分野別の「障害者の性」白書の発行による啓蒙や、射精支援ガイドラインなどの各種テキストを作成&配布する形で、カバーできます。

歴史的に見れば、「障害者の性」問題に対する分析・論点・当事者のニーズ・解決のための処方箋は、「障害者の生と性の研究会」様をはじめ、偉大なる先人の方々が、もう20年近く前に出し揃えてくださっているので、あとは、それらを粛々と実行するだけ、かと。

今までは、単に実行する主体が無かった、というだけで、「障害者の性」という問題自体は、決して解決不可能な問題ではなく、論理的思考の積み重ねと、先人の知恵を結集すれば、十分に解決できる社会問題だと思います。

というわけで、引き続き、福岡&近郊エリアでのPR活動、頑張ります。

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」          

【1824日目】「障害者の性」問題と、活動実態の無い組織・店舗

評価:
---
カプコン
¥ 3,500
(1992-12-04)


3DSのバーチャルコンソールでダウンロード。リアルタイムでハマっていたのは、「4」までだった気が。「5」以降の記憶は、あまりないですね・・・。多分、同時期に出たドラクエ5あたりにハマっていたのかと。普通にやっても簡単すぎる気がするので、特殊武器を使わないで全ボス倒す予定です。


本日は、来月14日(日)に迫っている「ホワイトハンズ大学@福岡」のPR活動+性護検定の事務、午後はホームページ作業。根気が要りますね・・・。

福岡代表が、滞在中のホテルを確保してくださりました。大感謝です!福岡、2011年から出張をはじめて、今年でもう3回目ですか。時の経つのは早いですね〜。福岡出張、毎年春の風物詩&楽しみになっております。

最初は、「福岡でホワイトハンズ大学開催」なんて、経済的・集客的に、ハードル高すぎ、と思っていたのですが、勇気を出してやってみれば、何とかなるものですね。これまで参加&協力してくださった皆様に、改めて感謝です!

今年は、ぜひ北九州、山口、佐賀、大分、熊本、鹿児島などなど、九州各地から参加して頂けるよう、PR活動、頑張りたいと思います。


先日の、ドキュメンタリー番組の取材でも、取材班の方からお聞きしたのですが、「障害者の性」問題に関する番組を作るとき、一番のネックになる問題が、非常に身もフタも無い話ではありますが、(ホワイトハンズ以外に)「活動実態のある組織が無い」ということなんですよね。

障害者向け風俗店をはじめ、「障害者の性」問題に一見取り組んでいるようにみえる店舗や組織、実際に取材をしてみると、まともな活動実績が無かったり、そもそも活動実態自体が無かったり、店舗自体ダミーだったり、みたいな話ばっかりで、取材が成立しない、と。

これは、私がホワイトハンズを創業して以来、ずっとメディアの方から言われ続けている問題です。もちろん、ステレオタイプなイメージでこの問題を取材したがるメディアの側にも問題はあるとは思いますが、ある意味で、物凄い機会損失だよなぁ、と。

ここで面白いのが、「そもそも活動実態のある組織が無い」のだったら、はじめから取材しなければいいのでは、と思うのですが、一部のメディアは、強引に取材して、記事化してしまうんですよね。

最近も、ある地方で、「これから障害者向け風俗店を地元で開業しようとしている人を取材したいので、協力してほしい」という依頼を、あるメディアから受けました。

いや、まだ実際に開業していない=利用者もおらず、実績も実態も何もないのだから、取材なんてしなくてもいいじゃないですか、開業して、軌道に乗ってから(まぁ、200%、軌道には乗らないと思いますが)、改めて取材すればいいじゃないですか、そこまでして、「障害者向け風俗」の問題をでっちあげ・・・いや、取材したいんですか?と思ったのですが。

最近映画になった「障害者専門風俗店」にしても、現実的にそういった店が存在しているのかどうか(実際は都市伝説だと思いますが)、というよりも、世間やメディアの側に、「(ネタになるので)存在していてほしい」という思い込みがあって、それが積もり積もって、映画にまでなってしまうのでは、と思います。

要するに、「障害者の性」「障害者と風俗」「セックスボランティア」というキーワードを掲げるだけ、叫ぶだけで、メディアが集まってきた時代が、あったわけですよね。

NPOとしてのホワイトハンズの功績は、そういった活動実態の無い組織や店舗がメディアに出てしまう回数を、大幅に減らしたことにあると考えております(笑)。笑い話みたいですが、これは凄い重要なポイントですよ〜。

活動実態の無い組織や店舗、本当にあるのかないのかよく分からない出来事や活動が、「障害者の性」問題の象徴のようにメディアで扱われるのは、百害あって一利なし、ですし。

「性風俗」という社会性&発展性の無い観点ではなくて、「介護」「QOL」の観点から、きちんとこの問題を考えましょうよ、と訴え続けてきたつもりですし、全国で開催する今年のワークショップも、それがテーマです。

というわけで、今年も福岡を皮切りにして、全国各地で、きちんとNPOとしての活動実績を積み重ねていきたいと思います!


*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」                

【1823日目】ホワイトハンズ大学、次回は福岡!


昨晩3DSでダウンロードして、30分でタタンガ瞬殺!小学生の時にやった際は、友達数人がかりで、数か月くらい苦労してクリアした思い出があったのですが、時の流れは残酷ですね。。。レトロなBGMが泣けます。


本日は、性護検定ヴァージン・アカデミアの事務作業。午後から東海エリアでケアが1件。利用者の方&ケアスタッフの方、ありがとうございました!

また、ららあーとのモデル体験参加、応募者多数で、半年先の回まで、予約で埋まっている状態です。「モデルをしたい」という需要、やはりかなりあるのだと思います。将来的には、開催回数を、年4回から6〜8回程度に増やしたいと企んでおります。

そしてホワイトハンズ大学@福岡、4月14日(日)開催なので、あと3週間弱ですね。今年は、福岡市内のみならず、佐賀、熊本までPRしたいと思います。九州に、ホワイトハンズの風を吹かせられるよう、頑張ります〜。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」               

【1822日目】「障害者の性」卒業論文、全文掲載

評価:
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
トイズファクトリー
¥ 300
(1996-02-05)


この季節になると聴きたくなります。90年代後半のミスチル、今にして思うと神がかっていましたね。

昨年、取材に協力した卒業論文「障害者の性介助における意識への考察 〜ノーマライゼーションの理念から〜」、執筆者の学生及び指導教官の方からご許可を頂いたので、全文をホームページにアップさせて頂きました。

「障害者の性」問題を卒業論文で扱う際の、まさに「お手本」ともいえる、素晴らしい内容の論文です。

来年度以降、「障害者の性」問題をテーマにして卒業論文を書きたい、という方は、必読。利用者、ケアスタッフ、代表(=私)の語りも入っております。

学生の皆さんは、ぜひ、全文をじっくり読み込んで、参考になさってください。そのために、ご本人から許可を頂いてアップしたのですから!引用されている各参考文献にも、しっかり目を通されることをお勧めいたします。

裏を返せば、これから「障害者の性」問題をテーマにして論文を書く場合、最低でも、この論文以上のクオリティは出さねばならない、ということになるので、一気にハードルが上がったのではないでしょうか(笑)。

「障害者にも性欲はある」という次元で留まるのではなく、そこから一歩踏み込んで、より具体的な分析や、制度構築に向けた提言ができると、望ましいですね。

世間で発表される「障害者の性」問題に関する言説や論文のクオリティを、徐々に底上げしていくことも、ホワイトハンズの重要な活動の一つなので、来年度以降も、卒論協力、積極的に行っていきたいと思います。


*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

【1821日目】亀田アピタで充電


Amazonギフト券が手に入ったので、買ってしまいました・・・。マリオやロックマン、魔界村等のレトロゲームをやりまくる予定であります。全国出張のお供にもなりそうです。

本日は、息子と妻と三人でアピタ亀田店に。「すくすくスクウェア」で、1時間半、たっぷり遊びました。子どもと一緒に遊ぶと、なぜだかグッタリ疲れますね(笑)。良い気分転換になりました。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

【1820日目】東京エリア、ケアスタッフ募集開始


何やら色々な方から「観ました?」と聞かれたので、Amazonで注文。アメリカのセックスサロゲイトの話なので、なんとなく中身の想像はつくのですが、観終わったら、ブログで感想書きますね。

東京エリア、約1年ぶりにケアスタッフの募集を開始しましたので、告知いたします。

毎回、一瞬で定員が埋まってしまうので、「ホワイトハンズ東京で働きたい!」という方は、この機会をお見逃しなく。介護福祉の有資格者限定です。


ででで、本日開催予定だった「妊活しゃべり場!」、今回も開催最少人数に達しなかったため、中止になりました。

地元誌の月刊KomachiさんやWEEK!さんにも告知記事を出して頂いて、今日の朝も、新潟日報さんから取材依頼のお電話を頂いていたのですが、私の不徳の致すところで、誠に申し訳ございません・・・(土下座)。

新潟、やっぱり新規テーマのイベントで人を集めるのは、無理ですね。少なくとも、私には無理です(汗)。

ここで発想の転換なのですが、集客暗黒都市・新潟のように、「人を集める」のが極めて難しい地域であれば、「こっちから攻める」=人の集まっている場所に、こちらから攻め込む、という方向性しかないんじゃないのかな、と思案中です。

ホワイトハンズ、攻殻の公安9課の如く「攻性の組織」なので、「人が集まらない」と愚痴るヒマがあったら、こっちから攻めていかんかい、という意気込みで、知恵を絞りたいところであります。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」             

【1819日目】海外メディアの「障害者の性」ドキュメンタリー取材


本日は、ホワイトハンズ東京のチームで、海外メディアの「障害者の性」問題に関するドキュメンタリー番組の取材に協力させて頂きました。

写真は、利用者様宅に向かうケアスタッフさんの様子を撮影する取材班の皆様。


ちょうどお昼頃で、オフィスからランチに向かうサラリーマン&公務員の皆様で道が混んでいたので、スタッフさん、「注目されて、恥ずかしかったです・・・」との弁。ご協力、ありがとうございました。


この後、利用者様宅でのケア現場の取材&代表=私のインタビューを行いました。取材にご協力くださったケアスタッフ・利用者様、長時間お付き合い頂いた取材班の皆様、ありがとうございました。「全米が泣いた!」素晴らしい作品になることを期待しております(笑)。

海外メディア、ということで、取材班の皆様の会話がEnglish onlyだったので、個人的にドキドキでした。あっ、私のインタビューはもちろん日本語オンリーです(笑)。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」            

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM