【1707日目】明日は「社会起業家・養成ゼミTOKYO」!


最近読み始めました。一気に読めそうですね。私も中華を統一できるように頑張ります(笑)。

さて、明日は「社会起業家・養成ゼミTOKYO」ですね。14時30分より、Ustreamで生中継されるそうなので、ご興味のある方、ぜひご覧ください!「NPO業界のスティーヴ・ジョブズ」(自称)なプレゼンができるように頑張ります。

また、来月14日(金)、上田市の長野大学で「障害者の性」に関する講義をさせて頂けることになりました。長野、3年ぶりですね!今から楽しみです。長野大学の皆様、何卒宜しくお願いいたします。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」        

【1706日目】社会起業家・養成ゼミTOKYOまで、あと2日!

評価:
ももいろクローバーZ
キングレコード
¥ 250
(2011-07-06)


30を超えて、ももクロ聴くのは、色々な意味で辛いですね・・・(笑)。えくぼは「恋の落とし穴」だったのか・・。

本日も、明後日に迫った「社会起業家・養成ゼミTOKYO」のプレゼン準備。他の講師の方のプレゼンを見て勉強中であります。

また、25日(日)の「セックスワークサミット2012@歌舞伎町・弐」、ツイッターで大勢の方々に話題にして頂いて、有難い限りです!性風俗の問題系を語る場、これまではあまりにも少なすぎたと思うので、これからもどんどん作っていきたいと思います。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」        

【1705日目】「社会起業家・養成ゼミTOKYO」まで、あと3日!

評価:
LOVE PSYCHEDELICO,ジョン・レノン,ヨーコ・オノ
ビクターエンタテインメント
¥ 1,210
(2012-11-14)


デリコはデビュー以来のファンで、武道館公演にも行ってしまいました。今回も最高ですね〜。カップリングは、まさかのジョン・レノン!

本日は、12月1日(土)の「社会起業家・養成ゼミTOKYO」のプレゼン資料作り。

昨日もツイッターでつぶやきましたが、先週の発表者が、日経ビジネス『次代をつくる100人』のうちのお一人、ケアプロの川添社長だったので、そのネクストバッターということでプレッシャーかかりまくりであります(汗)。

ケアプロのワンコイン検診、1000円カット・QBハウスの「ブルーオーシャン戦略」を参考にされたのだと思いますが、私もホワイトハンズ創業前、「ブルーオーシャン戦略」、思いっきり参考にした&そもそも実家が床屋なので、組織としての活動規模はまだまだ比較にもなりませんが、どことなく親近感が湧きますね。

『次代をつくる100人』、ホワイトハンズもいつかは出たい、というか、NPOの世界で活動するならば、遅かれ早かれ出なければ話にならないので、ご縁にあやかれるよう、頑張ります!

というわけで、12月1日(土)の「社会起業家・養成ゼミTOKYO」、気合を入れてプレゼンしますので、お時間のある方、ぜひ千駄ヶ谷までお越しください。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1704日目】書評:「援デリの少女たち(鈴木大介・宝島社)」

評価:
鈴木 大介
宝島社
¥ 1,365
(2012-11-21)


先日の歌舞伎町サミットで紹介し忘れた(汗)「援デリの少女たち(鈴木大介・宝島社)」、書評を書きます。

出会い系サイトを使った未成年売春組織=「援デリ」という、夜の世界の「底」を描いたルポです。

本書を読むと、「社会復帰支援」という言葉が、「寝言」にしか聞こえなくなります。

まぁ、援デリ自体は、「セックスワーク」でも「風俗」でもなんでもない、単なる「犯罪」なので、先日のサミットの議題「風俗嬢の社会復帰支援」とは、別次元の問題なのですが。

冒頭から終章まで、目を覆いたくなるような、気分の悪くなる描写の連続ですが、援デリの世界における「貧者が貧者を喰らう」構造、「不幸な人間に、さらに不幸が多重連鎖する」構造自体は、極めて古典的なはず。

昔、赤線地帯やソープ、ボッタクリヘルスで日常的に起こっていた惨事や悲劇が、援デリに場を移しただけ、と見ることもできるかも。

「あとがき」で出てくる、実の子に売春をさせる親の言い訳「私もそうやって、親に金を入れて生きてきた」という言葉に象徴されるように、貧困と売春の世代間連鎖は、二世代どころではなく、三世代、四世代と続いてきた「見えない常識」のようなものなのかもしれません。

数少ない救いは、「底」の世界で、性を売り買いする「当事者」の数が、必ずしも多くない、ということ。

筆者の推計によれば、都内近郊で援デリに雇用されながら「毎日売春しないと生きていけない」窮状にある少女は、リアルタイムで、多くとも数十人程度。

援デリの数自体は飽和状態だが、それと同じ人数だけ未成年の少女が売春しているわけではなく、同じ少女が、いくつもの援デリを渡り歩き、解散〜再結集を繰り返しているだけ。

業者も、特定の人間が(逮捕にも懲りずに)同じような手口の犯罪行為を繰り返しているだけ。

未成年を買春する男性の実像についても述べられていますが、おそらく、特定少数の男性が、比較的長期にわたって、(摘発にも懲りずに)不特定多数の未成年を買っていることが予想されるかと。

そういう意味で、売り手、買い手共に、「同じ人間がグルグル回っているだけ」という
構造の存在が、本書からは読み取れると思います。

これは、「夜の世界の問題を解決したい」というNPO、福祉関係者には、大きなヒントになるはず。そう、その「特定少数の当事者」を、どうにかすればいい(もしくは、そうした当事者が生み出され無いような予防線を張ればいい)わけですから。

行政には、予算やら縦割りやらのハードルでできないことも、NPOなら可能なはず、と、あえて楽観的に締めたいと思います。

また、これまでなかなか表に出てこなかった、「売春の世界における、女性知的障害者の問題」も詳細に書かれているので、障害者福祉関係者も必読。

ただ、知的障害や精神障害の女性を、AVや性風俗の世界に送り込む「障害者専門のスカウト」の話や、知的障害の親が同じく知的障害の娘に売春させる話など、キツイ描写も多々あるので、苦手な方は読まない方が無難。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」      

【1703日目】サミット開催風景&参加者の感想


新幹線の中で読了。相変わらずの設定&展開ですが、今回は、物語が破たんせずに、最後まで行ってほしいですね。

昨日の歌舞伎町サミットで、大した仕事もしていないにもかかわらず、全エネルギーを使い果たした感のあった私(笑)ですが、老体に鞭を撃って、昨日の開催風景&参加者の感想を更新しました。会場の熱気が、少しでも伝われば幸いです。ぜひご覧ください。


改めて、昨日のサミットですが、「風俗嬢の社会復帰支援」に関する重要な論点、本当に大量に出して頂きました。皆様、無事に消化できましたでしょうか?

運良く、シノドスの取材で記事にまとめて頂けそうなので、それを見て、私もじっくり復習したいと思います!

さて、また今週末も東京出張なので、そちらも準備も頑張ります〜。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」       

【1702日目】セックスワーク・サミット2012@歌舞伎町・弐!


サミット、無事に終了いたしました。いや〜、凄かったですね。自分で主宰したイベントなのに、圧倒されました(笑)。

間違いなく、このテーマでは、過去最高のクオリティの議論ができたかと思います。ゲストの方々、参加者の皆様、本当にありがとうございました!

当日の開催模様、参加者の皆様の感想は、下記のページをご覧ください。


*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」      

【1701日目】明日は歌舞伎町サミット!

評価:
鈴木 大介
宝島社
¥ 1,365
(2012-11-21)


Amazonで予約して、昨日届きました。明日のサミット準備の合間に、半分ほど読み進めたのですが・・・ヤバいです。色々な意味で、凄い本です。とりあえず、女性と未成年は読まない方がよろしいかと・・・。

「障害者の性」の話も出てきますが、もうブログでまともに書けないような話や台詞が、ドンドコ出てくる感じ。明日の東京行きの新幹線の中で、じっくり読みます!

というわけで、明日は歌舞伎町サミットですね!先ほども、駆け込み参加の申し込みが数件ありまして、返信対応中です。

とりあえず、明日の午前4時までは、正式に参加申し込みを受け付けますので、参加希望の方は、4時までにご連絡ください。

参加予定者の皆様に告知ですが、私は明日、午前10時〜11時30分の間、一足お先に会場入りして、上記の「援デリの少女たち」を読んでおりますので(笑)、もし見かけたらお気軽にお声かけください。開始前に、お茶を飲みながら、世間話でもしましょう。

それでは、ブログの前のよいこのみんな、明日は歌舞伎町で、ホワイトハンズと握手!!

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」     

【1700日目】歌舞伎町サミットまで、あと2日!


和月作品は、一通りチェックしております。7巻まで読む予定。

本日は勤労感謝の日ですが、特に休むことなく、引き続き25日(日)の歌舞伎町サミットの準備。メディアの方が取材にお越し頂けるそうで、今から気合入りまくりです!!

ゲストの方々のブログやサイトでも、告知して頂いております。ありがとうございます!




 ⇒コメントの方の短歌?が面白いです。

また、来年3月のデリシンサミット@渋谷、如月さんのブログで紹介して頂きました。ありがとうございます!

●2013年3月17日、渋谷にて『リアルデリシン革命』!!


ジョジョの第5部風に言えば、「『ゲストにお招きする』と心の中で思ったならッ!その時、スデに、行動は終わっているんだッ!」という感じでしょうか。カッコいいぜ、プロシュート兄貴ッッ!(笑)。

明日も引き続き、サミットの準備、頑張ります。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」    

【1699日目】介護福祉職のためのよく分かる「性護」ハンドブック、配布開始!


第8部、どうでしょうかねぇ〜。

前々からブログで告知しておりましたが、「介護福祉職のためのよく分かる『性護』ハンドブック」、本日より配布開始いたしました。

今回は、一人でも多くの個人・事業所・法人にお届けできるように、販売料金1冊600円(2冊以上購入の場合、1冊500円〜)と、低価格に設定しております。

ひとまず、大風呂敷を広げまくりまして、目標配布数は「1万冊」で行きます!

全国の介護福祉現場・1万か所で、このハンドブックをご活用頂ければ、「障害者の性」「患者の性」「要介護者の性」問題、必ず解決できると思います。「1万冊配布プロジェクト」に、ぜひ!ご協力頂けると幸いです。

ハンドブックの詳細はこちら ⇒ http://www.privatecare.jp/handbook.html

さて、本日は引き続き、25日の歌舞伎町サミットの準備。

また昨日、3月の渋谷サミットのゲスト・NON先生より、イラストとプロフィール写真、そして、参加者へのメッセージを送って頂きました。

早速、告知ページに掲載させて頂きました。素晴らしいイラストなので、デリシンファンの方は、ぜひチェックされてみてください。

いや〜、イラストをお送り頂いて、改めて実感したのですが、プロの漫画家さんって、当たり前ですが、とてつもなく絵が巧いですよね。なんというか、ただ巧いだけじゃなくて、絵に「オーラ」があるというか。

小手先の技術を超えた「オーラ」のようなものを出せるか否かが、アマとプロの分かれ目なのかな、と思います。

NPOも、小手先の理念や、それっぽい事業内容を羅列すれば、「NPOでござい」と一応は語れますが、それだけでは、「オーラ」が出せないんですよね。もっと、情念やら怨念やら、色々なものが化学反応しないと、出ない気がします。

漫画のワンピースではないですが、オーラ=「覇気」だけで、社会を吹っ飛ばせるようになってこそ、一人前のNPOと言えるのかもしれません。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」    

【1698日目】「風俗嬢を社会復帰させない方が儲かる」仕組み

評価:
Array
EMI Japan
¥ 250
(2006-02-01)


歌舞伎町サミットの主題歌?にしょうと検討中。つい最近かと思いきや、もう15年近く前の歌なんですね〜。

本日は、25日(日)の「セックスワーク・サミット2012@歌舞伎町・弐」の準備。締め切り間近ですので、お申し込みはお早めにどうぞ!

ゲストの中山さんと角間さんからレジュメ&発表データをお送り頂いたので、それらとにらめっこしまして、主催者=私からの質問リストを作成中であります。

ゲストのお二方が、「女性への支援」という立場から、「社会復帰支援」の問題をディープに語ってくださる予定なので、私は、ちょいと視点を変えまして、「女性の社会復帰を妨げているもの」の分析&提示を、中洲・札幌・京都でのサミットで集めた事例を交えつつ、質問をさせて頂こうかな、と考え中です。

具体的には、店舗側にある「風俗嬢を簡単に社会復帰させずに、一人の女性に移籍や移転・出戻りを繰り返させて、搾れるだけ搾り取って儲ける」構造、男性客側にある「風俗嬢を社会復帰させずに、経済的にギリギリの状態に置くことで、安価かつ大量に本番行為を楽しめる」構造、そして、社会の側にある「そもそも、性風俗の問題なんて見たくも聞きたくも無いから、『存在しないこと』にしてしまえ。それで、誰がどう困ろうが、別に知ったこっちゃない」という意識、この辺のエグイ話をできれば、と。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」         

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM