【1463日目】「文化」の敗北


バイク便の発表を、ゼミで拝聴していた頃が懐かしい・・・。就職したり結婚したりすると、「居場所がどうの」といった議論には関心が無くなりがちですが、いくつになっても大事なことかもしれません。


目下、牛レバ刺しの提供禁止が話題になっていますが、



これって、セックスワークの世界も全く「他人事」では無いような気がします。

「リスクはあるけど、一つの『食文化』なのだから、店側と客側の同意があるのであれば、自己責任でいいじゃないか」という主張が敗北した形ですよね。

歴史的に見れば、ストリップの規制(それに伴う業界の衰退)に関しても、「わいせつではない、文化だ」「劇場側と客側の相互了解があるのだから、公然わいせつにはならないはずだ」という主張が出ましたが、こうした主張は、規制に歯止めをかける論理にはなり得なかった。


近江商人の商売哲学「三方よし」ではありませんが、ビジネスをうまく回していくためには、「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の3つが必要になる。

レバ刺しもストリップも、「売り手よし」「買い手よし」だったが、「世間よし」にはなれなかった。

つまり、「文化だから残そう」という理屈だけでは、「誰にとっての『文化』なんだよ」「そんな『文化』、別に無くても良いじゃん」「大多数の人にとっては、文化よりも命の安全の方が大事でしょ」という理屈に負けてしまう、と。


そういう意味では、特定の対象を、行政による「一律全面規制」から保護したい場合、基盤の弱い「文化」ではなく、「制度」として、社会の中にガッチリ組み込む必要がある、と考えます。

もしくは、対象のリスクを縮減する方法を、きちんと提示する(=レバ刺しで言えば、「誰でも、リスクゼロで安全にレバ刺しを食べられる方法」を開発&普及させる)か、のいずれかでしょう。

5月のセックスワーク・サミット(http://www.whitehands.jp/sexworksummit2012.html)では、セックスワークを「文化」ではなく「制度」に組み込むための方法、そのために、ワーク自体の社会的リスクを減らす方法を議論する予定です。


さて、あっという間に2011年度も終了ですね。

明日から、ホワイトハンズ、サービス開始5年目に突入であります。これも、全国の利用者・スタッフ・代表・協力者の皆様のおかげであります!改めて、感謝申し上げます(土下座)。

新規に創業した会社やNPOの平均寿命は1年足らず、という悲惨な統計データもある中、活動5年目に入ることができるというのは、本当に幸せなことだと思います。

ただ、私の頭の中には、今後30年間のプランがすでに完成している(笑)ので、今後も世の中にガンガン働きかけていけるような組織として、頑張っていきたいですね。

*****************************************
一般社団法人ホワイトハンズ 

代表理事 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

私たちは、「新しい性の公共」をつくります。






「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」            

【1462日目】性護検定


活動家=「場を作る人」という定義は秀逸ですね〜。私も活動家のはしくれ?として参考にしたいところです。

本日は、午前育児で午後仕事。「性の介護」検定、来年度より、「性護検定」と名称を変更した上で、より充実した内容の検定にする予定です。改定まで時間がかかりそうですが、頑張ります!

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

【1461日目】格言「創業時に、社名入り封筒は作るな」


「接客」の極意、ということで、ソープランドとして最も重要なことは書いてありません。本番行為云々のことは、法的な問題があるので書けない、という面もあるのでしょうが、ソープに来る人は本番だけを目的に来るわけではない、ということも分かる良書。


本日は、午前仕事で午後育児。

創業4年目終了間際にして、ようやく「社名入り封筒」なるものを注文しました。


7年前、初めて会社を作った時に読んだ本に、「創業時に、社名入り封筒は作るな」という趣旨のことが書いてあったんですよ。

なぜかというと、答えは非常に簡単で、「1円の利益にもならないから」。

起業したばかりの人ほど、社名入り封筒やハンコ、ロゴマークに金をかけたがる傾向=「俺は会社を経営しているんだぜ!」と実感できるものに金をかける傾向がありますが、そういったものは、多くの場合、営業や広報、マーケティングには、全く役に立たない。

利益が出るようになったとき=商品やサービスへの注文が増えて、領収書や請求書、納品書等の郵便物が手書きでは追い付かなくなってきたときに、はじめて、社名入り封筒やハンコを作るべきである、と。「利益が出るまでは、ムダ金は1円も使うな」ということですね。

これは、今思い返してみても、「名言」だと思います。創業後すぐに、凝った名刺や社名入りTシャツをつくる会社は多いですが、我々がやりたいのは、自己満足的な「会社ごっこ」「社会起業ごっこ」ではないので。

そういうわけで、社名入り封筒を作ることのできる段階まで来られて、ちょっと嬉しいです(笑)。こういう些細なことに感動できる人間でありたいッスね。

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

【1460日目】ホワイトハンズ大学@名古屋、9月30日開催決定


読み返しております。99年〜2000年頃の話ですが、「浜崎あゆみのファッションの真似」とか、時代を感じますね・・・。

ホワイトハンズ大学@名古屋、9月30日(日)に開催決定いたしましたので、告知いたします。



名古屋は初開催ですね!今から気合を入れて準備いたします。半年先の話ですが、ご興味のある方はぜひ!お申し込みください。

また、7月8日(日)に、地元・新潟でも、久しぶりにホワイトハンズ大学を開催することにいたしました。こちらは、8名限定の少人数制です。


新潟、最近は全国ばかりに目が向いて、思いっきりおざなりモードだったのですが、首都圏の3分の1くらいの規模で、定期的に開催しようかな、と考えております。北信越にお住まいの方は、ぜひ!お気軽にご参加ください。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」            

【1459日目】広報活動を粛々と

評価:
東京事変
EMIミュージックジャパン
¥ 2,299
(2012-02-15)


「群青日和」が泣けますね・・・。

本日は、午前育児で午後仕事。広報活動を粛々と実行。関西でのケア、利用者&スタッフの方、本日もありがとうございました。

で、事務的な面で、催促メールを誤送信してしまい、大変失礼いたしました・・・(反省)。よりによって、催促メールを誤送信してはダメですよね。。。(汗)いや、本当にすみませんでした。

また、個人的に超懸案事項の新書(昨年9月に原稿は完成済み&何度かの発売延期を経て、今年6月に販売予定・・・のはず)、いつ発売になるのかを考えていると、精神衛生上非常によろしくない&確実にフォースの暗黒面に魂が没入しそうなので(笑)、今回の新書は「無かったこと」として、半ば強引に忘却しまして(笑)、もう1冊分、全く別テーマの新書の原稿をオリジナルで書き上げまして、他の出版社に持ち込もうと考えております。

今のところ、新書で書きたいテーマは3つ。

1.ベーシック・セックス社会(ホワイトハンズの創業物語&起業奮闘記、目指す社会の有り方を述べる本。既に原稿は完成済み)

2.セクシュアル・リテラシー(一般の人が、性の問題に向き合うための基本的なリテラシーを解説する本。勝間本で言えば、金融リテラシーを扱った『お金は銀行に預けるな』的な位置づけ)

3.セックスワーク3.0(性産業の歴史を概説し、性産業がこれから向うべき方向性、及び既に具現化されている事例を紹介する本。よくあるルポやノンフィクションとは一線を画した、ビジョンを提示する本)

野望としては、今年中に「2」か「3」を書き上げて、出版社に持ち込みたいと考えております。

私だけかもしれませんが、「いつ出るのか(そもそも、本当に出るのか)分からない」というのは、本っっっ当に、凄いストレスなんですよね・・・。事前の広報活動もおちおちできませんしぃ。

ストレス解消の最善の策は、愚痴ったり他者を批判したりすることを通してではなく、同次元の別な仕事に打ち込むことで晴らすべき、だと思います!まぁ、無理しない程度に頑張ります。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」          

【1458日目】射精介助の累計利用者300人突破


中学生以来のファンなので、野口先生の本が読めるだけで幸せであります。70代でこういう本を書けるのは、本当に凄いと思います。私も見習わなければ・・・。


射精介助サービスの累計利用者、昨日の時点で、300人を突破いたしました。これまで利用してくださった全国の皆様、ケアに協力してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございます!(土下座)

2008年4月からサービスを開始して、2012年3月=ちょうど4年で300人。キリのいい数字ですね。

残念ながら、射精介助を実施している組織が、日本にはホワイトハンズの他に無い=比較対象が無いので、この数字が多いか少ないかを判定するのは難しいのですが、射精介助を「当たり前のケア」にするためには、実績として、「年間1000人」くらいは、最低限必要だと考えていますし、ニーズも確実にあると思います。要は、私の営業力&広報力不足ということですね(大汗)。。。

ホワイトハンズ、障害者福祉の世界の中での認知度では、「障害者の性」問題に興味がある方であれば、ほぼ100%、誰でも知っている(知っていなければならない!笑)組織にはなっていると思うのですが、もう少し視野を広げて、高齢者福祉〜医療・看護の世界での認知度は、非常に低いと思うんですよね。

ヘルパーの養成講座や、福祉系大学の講義で取り上げて頂いたりはしている(大感謝です!)のですが、全国的に見れば、組織としての知名度は、まだまだ圧倒的に低い。

最低でも、「福祉の世界に関わっている人であれば、誰でも知っている」位の認知度まで上げなければ、お話にならない(=やっている人間の自己満足でしかない)と思うんですよ。

NPOで言えば、名実ともに、フローレンスさんやカタリバさんレベルまではなんとかもっていきたいなぁ、と思う今日この頃であります。

そのために、今後、障害者以外の福祉=高齢者福祉の世界に対して、何らかのアクションを仕掛けていきたいと企んでおります。

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」                 

【1457日目】「障害者の性」白書2012【障害者の性的支援・海外事例編】配布開始

評価:
吉岡 優一郎
彩図社
¥ 600
(2009-04-28)


この手の本をまとめ読みしているのですが、「1.0」や「2.0」の世界の情報をいくらかき集めても、「3.0」のビジョンは決して出せないよなぁ、と思う今日この頃。性風俗とは全く別の世界のビジネスモデルや構造を勉強した方が、はるかに実りが多そう。

本日より、「障害者の性」白書2012【障害者の性的支援・海外事例編】、配布開始いたしました。



勉強会や取材等で、「性介助や性的支援の海外事例を教えてください」というリクエストが多かったので、分かりやすく冊子形式でまとめました。本邦初紹介の事例も結構あると思いますので、このテーマに関心をお持ちの方、ぜひお買い求めください。

学者の研究にありがちな「海外事例を単に紹介&羅列しておしまい」といった代物でなく、それらを批判的に検討した上で、日本が「障害者の性」先進国になるための条件を提示しております。

まぁ、言い換えれば、ホワイトハンズのこれまでの活動の反省+「これからホワイトハンズは、こうした方針で活動していきます」という宣言のようなものですね。


結論を言えば、日本は、高確率で「障害者の性」先進国になれる、むしろ欧米よりも、そのためのアドバンテージがある、と考えております。っていうか、ホワイトハンズの目の黒いうちに、意地でも先進国にします(笑)。

詳しくは白書をご覧頂きたいのですが、実は「障害者の性」先進国になるために必要なこと、やるべきことは、ほとんど決まっているんですよ。

日本は、障害者リテラシーやセクシュアルリテラシーが社会的に低いため、「障害者の性」問題=タブーにして超難問、と考えられがちですが、それは無知と怠慢、偏見に基づく誤解であって、実際には、マクドナルドのハンバーガー調理過程のように、ゴールまでの道のりはきちんとマニュアル化&体系化できる。あとは、粛々とそれをこなしていくだけ。

というわけで、「障害者の性」問題に関心をお持ちの介護福祉職、研究者、学生の方は必読でございます!ぜひ、一家に一冊、宜しくお願いいたします(笑)。



*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」               

【1456日目】「障害者の性」白書2012納品


どんな商売でもそうですが、その商品やサービスが最も売りやすい&楽に稼げる最盛期=バブル時代に実績を作っておいて、氷河期になる寸前に撤退し、それ以降は開業支援側に回り、「これから有望なビジネスです!」という煽り文句で無知な開業希望者を煽って金を巻き上げる、というのが、ベストな戦略(笑)ですよね。

利益を上げるための戦略としては非常に正しいと思うのですが、情報起業の例を出すまでも無く、それをやっている限りは、業界及び関係者の社会的信頼度は永遠にゼロのまま、かと。セックスワークの世界が、「一発逆転」だの「成金」だのといった、射幸的な枕詞のつかない業界になるための条件を考えたいところです。

本日はオフだったのですが、「障害者の性」白書2012が無事に納品されたので、その販売開始準備をちょこっと。週明けには、配布を開始いたします!

*****************************************
「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」             

【1455日目】「中西麻耶さんセミヌードカレンダー」から考える、ソーシャル・ヌードの可能性


これは、「ホワイトハンズが買わねば、誰が買う!」と言えるカレンダーでしょう(笑)。早速、Amazonで買わせて頂きました。


中西さん、取材の記事等でご本人もおっしゃっているように、「障害者」ではなくて「アスリート」なので、今回のセミヌードカレンダーは、臨床性護=「障害者の性」問題というよりも、どちらかと言えば、社会性護=ヌードの持つ社会的影響力を考えるための教材になると思います。ホワイトハンズ・プログラム(http://www.whitehands.jp/swp.html)の課題に出したいですね〜。

個人的には、今回のカレンダー、非常に「ホワイトハンズ的」で、好感が持てます。

「ホワイトハンズ的」というのは、前述の通り「障害者の性」に関するテーマだから、という表面的なことではなく、「性の持っている潜在能力を、明確な目的意識やビジョンに基づいて、社会的インパクトのある形、かつ社会的に受け入れられるような形に上手に編集・加工した上で、世に発信すること」を指します。

今回のカレンダー、先日の朝日新聞でも紹介されていましたが、おそらく、新聞記事(広告はまた別かもしれませんが)の中で紹介できるのは、原則として、「セミヌード」が限界だと思うんですよ。

ホワイトハンズも、裸婦デッサン会の取材記事を大手新聞社に掲載して頂いたことがありましたが、「新聞紙上に裸婦は出せない」ということで、記事中に使用された写真は、モデルの女性の姿を遠景にしてぼかすような形になりました。

そのため、今回のカレンダーが「オールヌード」あるいは「ヘアヌード」だったら、新聞をはじめとする大手メディアには出せなかったと思います。いくらパラリンピックの資金調達のためとはいえ、「そこまではやりすぎでしょう」「性の商品化だ!」となって、逆に、世論の支持は集まらなかったはず。

この忌まわしきネット社会では、一度ヌード画像や動画が流れてしまえば、誰にでも検索可能な形で、半永久的にネット上に残り続け、死ぬまで参照され続ける、という事実があります。一度、ネット上で顔出しでヌードになってしまえば、色々な意味で、二度と取り返しのつかないことになる。

そういう意味で、社会的なインパクトがありつつ、本人に残る身体的・精神的・社会的負荷の比較的軽い(逆に、個人ブランドの向上にもなりえる)「セミヌード」が戦略的にベストだったと思います。座布団一枚!


そう考えると、実は、世の中に出回っているオールヌードやヘアヌード、及びそれに基づいたサービスや製品は、実は、色々な意味で「不毛」かつ「不要」なんじゃないのか、と。

AVや性風俗の世界で裸になる人は、基本的に「お金を稼ぎたい」という動機があるわけですが、性産業が完全に飽和した今のご時世、普通の女性が裸になるだけでは、何の社会的・経済的インパクトも無いわけですよ。逆に、ヌードになることで、社会的地位の低下や経済状態の悪化を招くことの方が、圧倒的に多い。稼げるのは、ルックスと運、努力に恵まれた、ほんの一握りの人だけですが、そうした人すらも、長くは続かない。

つまり、「ヌードになることでは決して解決できない問題を、ヌードになることで解決しようとしている」という意味で、不毛。

ヌードになることで、長期的に社会的・経済的な効果を得られるのは、今回の中西さんのように、何らかの「物語」や「ビジョン」を持った人や、有名女優やモデルのように「ブランド」の付加価値がある人だけ。

そして、そういった人であれば、多くの場合、「セミヌード」で十分。それ以上は、逆に本人の社会的・経済的価値を、長期的に見れば、確実に貶めてしまう結果になる。

「セミヌード」であれば、継続性がある=本人にブランド価値がある限り、何度やっても飽きられることは無いが、「ヘアヌード」や「オールヌード」は、多くの場合、一度出してしまったら、商品価値やインパクト、あるいは女優・モデル生命自体が、そこで終わってしまう場合が多い。

ヌードを鑑賞する側にしても、内容が過激になればなるほど、それに比例して、飽きる速度も早まる。「散々金を使っても、一向に満足できない」というドツボにはまるわけですよ。

極論を言えば、ルノワールの裸婦画は、完成後も、数十年〜あるいは数百年にわたって、社会的・経済的効果を保ち続けるわけですが、週刊誌のヘアヌードは、わずか数日で消費されてしまい、プラスの価値や効果は、何も残らない。脱ぐ方も脱がせる方も、短期的には儲かるかもしれないが、長期的に見ればマイナスしか残らない。

だったら、はじめから、今回の中西さんのようなソーシャル・ヌード=「社会的にも美的にも完成度の高い、大人のヌード」のみを愛でる文化、育てる文化、そして、「そうした大人のヌードで満足できる文化」をつくればいい。

「社会的にも美的にも完成度の低い、露出度と過激さだけが売りの素人の裸に、ムダ金を払い続ける、コドモな社会」から卒業しましょう、ということですね。

この、社会の「性の美意識」を向上させる事業、いつか着手してみたいです。

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」                

【1454日目】記者クラブにプレスリリース配信

評価:
矢井田瞳
ユニバーサル・シグマ
¥ 790
(2011-02-09)


矢井田瞳さん、もう12年聴いています。エヴァーグリーンですね〜。

本日は、朝から発送業務でてんてこまい&県政・市政記者クラブにプレスリリース配信。この突風の中、2時間弱の自転車移動であります。つ、疲れた・・・。

知的障害・発達障害児者の射精支援ガイドライン、今年はガンガンPRしますのでよろしく!

午後は育児タイム。ミルク、1回に200ミリリットル飲むようになりました。

明日は、セックスワーク・サミットのリリースを各雑誌に配信する予定です。Amazonで大人買いした書籍もどんどこ届いているので、早く読まねば・・・(汗)。

*****************************************「性の専門職」育成プログラム:「ホワイトハンズ・プログラム」              

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾

事業内容の紹介

リアルタイムのつぶやき

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
ホワイトハンズのバイブルです。針鼠の概念!

recommend

非営利組織のマーケティング戦略
非営利組織のマーケティング戦略 (JUGEMレビュー »)
フィリップ コトラー,アラン・R. アンドリーセン

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM